好き避けをする女性の心理/嫌い避けとの違いや、見極め方

好き避けをする女性の心理/嫌い避けとの違いや、見極め方

好き避けする女性の心理

好き避けする女性の心理

好き避けをする女性の心理と対処法についてまとめると以下のようになります。

 

好き避けをする女性の心理
心理学の観点からは、以下のように説明できます。

 

自己防衛のメカニズム
相手に好意を持っていることを知られると、もし相手から拒絶されたら傷つくのではないかという不安から、無意識のうちに自己防衛として好き避けをしてしまう。

 

アンビバレント(両価的)な感情
好きな相手に対して、好きという気持ちと同時に真逆の気持ちも抱いてしまうということ。不安や恐れなどのネガティブな感情も抱いてしまい、その結果、接近と回避の間で揺れ動く気持ちになる。

 

関連)対人両価感情に関する実証的一研究

 

投影の心理
自分が相手のことを好きだと自覚することで、相手も自分のことを意識しているのではないかと考えてしまい、そのことに対する恥ずかしさから避けてしまう。

 

理想化と現実のギャップ
相手のことを理想化しすぎているために、実際に接近することで理想と現実のギャップを感じてしまうことを恐れ、避けてしまう。

 

このように、好き避けという現象には、自己防衛や投影、アンビバレントな感情など、さまざまな心理的メカニズムが関わっていると考えられます。好きな相手だからこそ、複雑な感情が生じてしまうのかもしれません。

 

好き避けかどうかの見極め方

  • 何かお願いしたときの反応を見る 好き避けなら喜んで引き受けてくれる
  • 会話中の態度をチェックする 好きな人の話題になると態度が変わる
  • デートに誘ったときの反応を見る 好き避けなら嬉しそうにするが、あっさり断られたら脈なし

 

好き避けへの対処法

  • 好き避けに気づいたら、あまり意識しすぎず自然体で接する
  • 共通の話題を見つけて、会話のきっかけを作る
  • 周りに人がいるときは、あまり親密な態度をとらない
  • 徐々に距離を縮めていき、タイミングを見計らって告白する

 

好き避けは、好意を持っている証拠なので、むしろチャンスととらえることが大切です。焦らず相手の様子をよく見極めて、徐々に関係を進展させていきましょう。

 

関連)女性が好きな男性に出すサイン

嫌い避けの言動

避けられるケースには、普通に嫌われているから、ということもあります。

 

 

嫌い避けを判断するにはどうすれば?

 

嫌い避けの言動には以下のような特徴があります。

 

目が合わない、視線を合わせようとしない
好き避けの場合は目が合った瞬間にそらすことが多いですが、嫌い避けの場合はそもそも目を合わせようとしません。関心がないことの表れです。

 

嫌い避けの場合、相手に対して嫌な気持ちがあるため、目を合わせないという行動をとることがあります。その特徴としては以下のようなものがあげられます。

 

  • そもそもあまり目が合わない。目が合ったとしても、好き避けのように慌てて目をそらすのではなく、興味なさげにそっと目をそらされる。
  • 相手のことが嫌いだから目を合わせないというタイプもいる。まったく視線が合わないのであれば、その人からは嫌われている可能性が高い。
  • 相手の表情や態度を見ると良い。嫌い避けの場合は、表情や態度に嫌な気持ちが出ていることがある。
  • 関心がなければ、積極的に目を合わせてコミュニケーションをとろうとはしない。
  • 相手を嫌っていて拒絶している場合、相手を嫌いだという気持ちを表さないようにしていても、つい目をそらしてしまうことがある。

 

以上のように、嫌い避けの場合は相手に対する嫌悪感から目を合わせないという行動をとります。一方、好き避けの場合は好意から目を合わせられないのですが、嫌い避けとは態度や表情に違いがみられるようです。

 

体が斜めを向いたまま会話する
好きな相手とは正面から向き合って会話をしますが、嫌いな相手の場合は体が斜めになったまま対応することが多いです。

 

嫌い避けの場合、相手に対して嫌な気持ちが表情や態度に表れることがあります。体が斜めを向いたまま会話するのは、以下のような嫌い避けの特徴が考えられます。

 

  • 相手と正面から向き合いたくない
  • 相手との会話を避けたい
  • 相手に興味がなく、そっけない態度をとっている
  • 相手を拒絶したい気持ちの表れ

 

ただし、好き避けの場合は、嫌な表情をすることは少ないと言われています。

 

体が斜めを向いたまま会話するのは、嫌い避けの可能性が高いと考えられます。ただし、その人の普段の性格や態度も考慮する必要があるでしょう。相手の気持ちを正確に理解するためには、表情や態度をよく観察することが大切ですね。

 

頼み事を断る、代替案も出さない
好き避けの場合は文句を言いつつも頼み事を引き受けたり、断る場合でも代替案を出してくれたりします。一方、嫌い避けの場合ははなから断ってくることが多いでしょう。

 

相手との関係性を深めたくない…頼み事を引き受けることで相手との関係が深まることを避けたいという心理が働いている可能性があります。断ることで一定の距離を保とうとしているのかもしれません。

 

面倒くさがり屋…頼み事を引き受けるのが面倒だと感じているため、できるだけ関わりたくないという心理が働いているのかもしれません。代替案を出すのも手間だと感じているのでしょう。

 

あなたに対して良くない印象を持っている…あなたに対してあまり良くない印象を持っているため、できるだけ関わりを避けたいと考えているのかもしれません。そのため、代替案を出して関係を継続することを避けているのでしょう。

 

2人きりでも態度が変わらない
好き避けの場合は周りに人がいると照れくさくて素っ気なくなりますが、2人きりだと態度が変わります。嫌い避けの場合は2人きりでも冷たい態度は変わりません。

 

自分中心な言動、思いやりのなさ
相手の気持ちを考えず自分本位な発言が多かったり、思いやりが感じられない言動をとる場合は、相手から嫌われている可能性が高いです。

 

嫌い避けをされないためには、相手の立場に立って考えること、思い付きで発言せずに言動に気をつけることが大切です。

 

好き避けする女性の心理について理解したところで、次のステップに進んでみませんか?😊

 

実際に出会いの場に足を運ぶことは、新しい人とのつながりを築く絶好のチャンスです。例えば、特定の趣味を共有するイベントや、地域の魅力を楽しむツアー形式の集まりなど、多種多様なイベントが開催されています。これらのイベントでは、自然な形で会話が生まれやすく、共通の話題で盛り上がることができますよ📚🎨。

 

特に、スポーツや料理、散策など、アクティブな活動を通じて出会う場は、リラックスした雰囲気の中で相手の本当の姿を見ることができるのでおすすめです。また、地域の特産品を楽しむイベントなども、地元の魅力を再発見しながら素敵な出会いが期待できます🌸🏞️。

 

一度の参加で理想の相手に出会えるかどうかはわかりませんが、まずは楽しむことを優先してみてください。新しい経験や人との交流を通じて、自分自身の成長にもつながりますし、思いがけない素敵な出会いが待っているかもしれませんよ✨。

 

ぜひ、次の週末には気軽に参加できるイベントを探してみてくださいね。新しい出会いがあなたを待っています!🌟

 

職場では出会えない


お手軽な婚活人気ランキング


Party★Party

人気の婚活パーティ。年齢層は若め。




パーティパーティ 公式サイト


フィオーレパーティ

参加費安い、拠点多め、条件ゆるめのパーティが多い。




フィオーレパーティ


レインボーファクトリー

一人参加が98%の個室パーティ。地域限定。




レインボーファクトリー